カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

限定数珠・逸品素材(高級素材)の数珠についてのご紹介

限定品数珠の写真
数珠の知識

数珠売場に行っても、どんな数珠を選べばいいのか分からないとよく店頭に立っていて、お客様から言われることがあります。
また欲しい素材が決まっているけれど、意外とどこで売っているのか、どこで買うべきなのか分からないと言われることも多いです。

今回はそのようなお客様に、事前にどんな素材が数珠にはあるのかを高級数珠を中心にご紹介させていただきます。すべて限定品になりますので、店頭に見に行かれる方は事前に在庫確認をしてからご来店いただくことをオススメいたします。

英語名 : Iolite(アイオライト)
硬 度 : 7 ~ 7.5
石言葉・意味 : 正しい方向に導いてくれて、不安を取り除く石と言われております。
誕生石 : 3月の誕生石
アイオライトの数珠の素材写真

アイオライトの語源はギリシア語で“ion(菫色)”と“lithos(石)”(Iolite)となります。
ionは菫色(かすみいろ)という意味ですが、サファイヤに比べてかすみがかった色合いに見えることからこの名前がついております。鉱物学上では、フランスの地質学者コルディエの名前にちなんでコーディエライト(Cordierite)と名づけられました。
アイオライトにまつわる話では、かつて大海原を渡るバイキング達がアイオライトを船出の際に持っていったと言われております。
アイオライトの色が変わったように見える現象(多色性といいます)は、「見る方向によってその色が変わる」というアイオライトが持つ特性ではありますが、バイキング達はこの多色性を活用して、羅針盤に使っていたと言われております。アイオライトが持つ石自体の特性なので、信憑性に欠けるお話ですが、長い航海中の無事を祈る思いを込めたお守りとしては意味があったのではないかと思います。

実際のアイオライトの数珠はこちらです。
アイオライトの数珠の写真
女性用数珠 アイオライト 8mm玉 共仕立て 限定品 念珠

英語名 : Aquamarine(アクアマリン)
硬 度 : 7.5 ~ 8
石言葉・意味 : 心の落ち着きを取り戻させ、意思を高める効果があると言われております。
誕生石 : 3月の誕生石
アクアマリンの数珠の素材写真
アクアマリンはラテン語で「海の水」という意味の名をもっております。
「海の水」という名からも分かるように海水を結晶化させたような色を持つため、中世では航海のお守りとして使われてきたようです。
またアクアマリンは珊瑚やブラッドストーンと共に3月の誕生石です。ふたご座のお守りでもあり、心の落ち着きを取り戻させ、意思を高める効果があるとも言われております。アクアマリンは非常に人気の高い宝石で、宝飾品として使われだしたのは17世紀と云われています。とても可愛くて上品な色で、『女性を美しく幸せにする石』と云われることから、とくに女性に人気の石です。

実際のアクアマリンの数珠はこちらです。
アクアマリンの数珠の写真
女性用数珠 上質アクアマリン 8mm玉 共仕立て 限定品

英語名 : Kyanite(カイヤナイト)
硬 度 : 4 ~ 7.5
石言葉・意味 : 潜在能力、想像力を引き出すパワーストーン
カイヤナイトの数珠の素材写真
カイヤナイトの名前の由来は、ギリシャ語のkyanos(暗い青色)と言われております。その名の通り美しい藍色をした石です。

カイヤナイトの青色は鉱物に含まれる鉄分とチタンによるもので、ブルーサファイアと見間違えられることもあると言われています。
また、カイヤナイトは見た目にも分かるように、石に何本ものラインが見られます。この層に対して、縦方向、横方向とどちらから力を与えるかによって硬度が異なるので
非常に加工が難しい石になってまいります。

かってはアメリカの一部とブラジルで宝石クラスのカイヤナイト原石の代表的な産地でしたが、近年ネパールで完全なサファイア・ブルーのような色合いのカイヤナイトが発見されました。サファイアに例えると、かってのものはオーストラリアの色合いで、そしてネパールのものはミャンマーやスリランカのものに匹敵する色調のとても美しいブルーカイヤナイトといわれております。カイヤナイトの数珠の写真
女性用数珠 カイヤナイト 8mm玉 共仕立て 限定品

英語名 : garnet(ガーネット)
硬度 : 7
石言葉 : 真実、愛、勝利
誕生石 : 1月
色 : 赤色は活動的なイメージや、赤色は交換神経を活発にさせると云われます。
風水 : 風水では、赤色は行動するパワーを与えるそうで、勝負運や仕事運が上がるとされています。

インドガーネットの数珠の素材写真インドガーネットの写真
アフリカガーネットの数珠の素材写真アフリカガーネットの写真

濃厚なワインのような色合いのガーネットは、 まるで石榴(ざくろ)のような色彩から石榴石ともいわれています。
和名が柘榴石と呼ばれるように、血のように赤い鮮やかさが特長ですが、中にはグリーンやオレンジのものもあります。血の色に似ていることから流血を止める力があると信じられてきました。

ガーネットは、ラテン語で「病気から身を守る」という意味を表しているそうです。1月の誕生石であり、勝利を導く、成功を導く石と云われており、「地道な努力を惜しまず続けることによって成功へと導く」 という意味も持っています。また、中世の騎士(ナイト)への贈り物として女性がペンダントとして贈ったという記録もあります。中世の騎士が遠征に出た際、敵の放った弓矢から騎士の命を守ったという逸話が残されていることから、勝利を呼ぶ石とも云われています。一般的なガーネットと比べて、アフリカガーネットは透明度が高く、希少です。ガーネットはケイ酸塩を主成分に同じとする鉱物の総称です。1 月の誕生石に数えられています。
ガーネットの数珠の写真
女性用数珠 アフリカガーネット 6mm玉 共仕立て エンジ房

英語名 : sapphire(サファイア)
硬 度 : 9
石言葉・意味 : 慈愛・誠実
誕生石 : 9月の誕生石
サファイアの数珠の素材写真
サファイアの名前の由来はラテン語で「あお色」を意味する「sapphirus(サッピルス)」やギリシャ語の「sappheiros(サピロス)」から来ており蒼玉や青玉(せいぎょく)とも呼ばれています。

サファイアはルビーと同じコランダムという鉱石です。コランダムは硬度がダイヤモンドの次に硬い石です。コランダムは宝石になるようなきれい色のものばかりではありません。

黒っぽい不順なコランダムもあります。この不順なコランダムはかつては道路の塗料として使われていたようです。(現在は合成のものにとって代わられています。)

ルビーとサファイアという呼び方についていえば、真っ赤なものをルビーと呼び、それ以外のものをサファイアと呼びます。

サファイアの石言葉は慈愛・誠実で9月の誕生石です。ダイヤモンドに次ぐ硬さを持つことから、恋人や夫婦の絆を硬くするとされています。
サファイアの数珠の写真
女性用数珠 サファイヤ 8mm玉 共仕立て 限定品 a

英語名 : Sunstone(サンストーン)
硬 度 : 6 ~ 6.5
石言葉・意味 : 「太陽の石」「勝利の石」
サンストーンの数珠の素材写真
サンストーンは石自体が光を放っているような輝きを持つことから、ムーンストーンに相対する石としてこの名前がつけられたといわれています。他にサンストーンのように発色する天然石はムーンストーン以外ですと、ラブラドライトやカイヤナイトなどがあります。
サンストーンは比較的最近出てきた石で、赤やオレンジに発色をいたします。鉱物的には斜長石のうちのオリゴクレース(灰曹長石)に属します。
サンストーンは「太陽」をイメージする色合いから世界中で太陽の光を宿すパワーストーンとして信じられてきました。ギリシャ語で太陽を意味する「ヘリオライト」という別名があり、古代ギリシャでは、「太陽の石」「勝利の石」として象徴され、特別な石として崇められてきました。古代インドなどでは儀式に使用されていました。
サンストーンのブレスレットの写真
サンストーン 8mm玉 ブレスレット 共仕立て 限定品

英語名 : Cubiczirconia(ジルコニア)
硬 度 : 10
石言葉・意味 : 「清純無垢」「純潔」「永遠の絆」
誕生石 : 4月
ジルコニアの数珠の素材写真
ジルコニアとは人工ダイヤモンドのことを言います。

ダイヤモンドは地球内部の熱により圧力がかかり、何億年という歳月をかけて、炭素からできます。ジルコニアは人工的に作られているもので、模造ダイヤモンドとも呼ばれています。
しかし、その光の屈折率はダイヤモンドにかなり近く、硬度もダイヤモンドには劣りますサファイアやルビーの次に続く硬度です。天然のダイヤモンドはカットや質などによっては内部にキズがあるなど、天然であるがゆえの問題もございます。
ジルコニアの数珠の写真
女性用数珠 ジルコニア 8mm玉 丸玉切子 共仕立て ミント房

英語名 : agarwood(アガーウッド)
色 : 大地をイメージする茶色は、温かい印象を与え落ち着きを与えると云われます。
風水 : 風水では、茶色は家庭運・安定運が高まるとされています。
沈香の数珠の素材写真
沈香は東南アジアで産出される香木です。温めると香りを出します。香りが素晴らしいことから、貴族や武士の間でも広く焚かれました。武士の間では、香木は、権力の象徴ともいわれています。
奈良の正倉院に所蔵されている『蘭奢待(らんじゃたい)』は、足利義政、織田信長、明治天皇などの時の権力者たちが競ったように切り取った後が残されています。現代でも、沈香は、香りが素晴らしいことから、多くの愛用者がいます。
日本では、5世紀には輸入されていたことがわかっていますが、近年では、ワシントン条約に記載され貴重な品となっています。当店では沈香を原木から加工して数珠をお作りしております。
沈香のブレスレットの写真
沈香 6mm玉 ブレスレット 共仕立て 限定品

英語名 : Sugilite(スギライト)
硬 度 : 5.5 ~ 6.5
石言葉・意味 : 「ヒーリング」「守護」「治癒」
スギライトの数珠の素材写真
スギライトは1940年代に日本で杉健一氏が発見し、1970年代に岩石学者の村上充英氏によって新鉱物として申請され、杉氏の弟子の村上氏が約30年に及ぶ研究の末、1970年代に新種の鉱物として認定された比較的新しい石。
1976年に新鉱物として認定されています。発見者であり恩師である杉氏の名前に因んでスギライト(杉石)と名付けられました。
ラリマー、チャロアイトに並ぶ世界三大ヒーリングストーンの1つで、ヒーリング効果の高い石として世界的に人気のある石です。

英語名 : Super seven(スーパーセブン)
硬 度 : 7
石言葉・意味 : 「癒し」「開運」(7種の鉱物が混じり、総合的に力のある石とされています。)
スーパーセブンの数珠の素材写真
セイクリッドセブンとは原石の段階で水晶、紫水晶(アメジスト)、カコクセナイト、ゲーサイト、レビドクロサイト、茶水晶(スモーキークォーツ)、ルチルクォーツ(金線水晶)の7つの鉱物が内包しているものをいいます。ブラジル産エスピリトサント鉱山で採掘され、ヒーリング効果があるとも言われております。
産出量がかなり少ないことから非常に希少価値の高い材料となっております。ちなみにA,メロディ女氏が発見したため、メロディセブンとも呼ばれております。パワーストーンとしてはかなり力を持つ石とも言われております。
セイクリッドセブンの数珠の写真
女性用 数珠 セイクリッドセブン 7mm玉 共仕立て

英語名 : Charoite(チャロアイト)
硬 度 : 4.6 ~ 6
石言葉・意味 : 「ヒーリング」「浄化」
チャロアイトの数珠の素材写真
チャロアイトはスギライトやラリマーと同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。ヒーリングストーンという名前からも分かることに、癒しの力が強く、浄化作用も非常に強い石と言われております。
チャロアイトという名前はシベリアのチャロ川流域で発見された事から来る説と
ロシア語のCharo(誘惑するという意味)から名づけられた説の二つの説があります。
正式にチャロアイトとして認証されたのは1978年であり、鉱物学者ベーラ・ロゴワの長年の研究によるものです。
チャロアイトの特徴は紫色で不透明な色あいから、スギライトとよく似た石ではありますが、紫と白色のマーブル模様が筆で絵の具を塗り重ねたように混ざり合い、不思議な色合いをかもし出しています。
チャロアイトのブレスレットの写真
チャロアイト 8mm玉 ブレスレット ストレート 限定品

英語名 : Turquoise(ターコイズ)
硬 度 : 5.0~6.0
石言葉・意味 : 成功・幸福
誕生石 : 12月の誕生石
天然トルコ石の数珠の素材写真
古代文明の遺跡からも装飾品として発掘されるほど昔から親しまれてきた天然石です。
トルコ石という名前ですがトルコで採れるというわけではなく、トルコのマーケットを中心に広がったことからその名がついたと云われています。
無数の微小な結晶が密集しているため不透明ですが、磨くとガラスのような光沢が出ます。快晴の空を思わせる青色が特長で、その色が濃ければ濃いほど石としての価値は高くなります。しかしトルコ石は水や油分に弱く、粗雑な扱いをするとあっというまにその輝きを失ってしまうため、大切に扱う必要があります。

12月の誕生石数えられていて、魔を祓い幸福を呼び寄せる石と云われていることから、
昔から様々な護符として加工されてきた天然石です。

英語名 : tourmaline(トルマリン)
日本名 : 電気石
硬度 : 7~7.5
石言葉 : 希望、集中
誕生石 : 10月の誕生石
トルマリンの数珠の素材写真
電気石と呼ばれている鉱石のグループの総称がトルマリンです。マイナスイオンを発するため健康に良い石とされ、近年急速に人気が高まりました。
そのため、現在では入手が困難になってしまった石の一つです。色は緑色のものから赤、黒、青など様々な種類があります。ピンクのトルマリンは特に愛情を高める石だと云われています。
トルマリンの数珠の写真
女性用数珠 最高級ピンクトルマリン 平玉 グラデーション仕立て 二重(八宗兼用)

英語名 : Peridot (ペリドット)
硬度 : 6.5~7.0
石言葉 : 魔除け
誕生石 : 8月の誕生石
ペリドットの数珠の素材写真
ペリドットは、8月の誕生石として有名な代物で、緑色の明るい発色をしております。

手元を美しい緑色が綺麗にあしらってくれるので、女性に喜ばれること間違いなしの逸品です。ペリドットは「太陽の象徴」として古代エジプト人に愛用されていました。身につけると心身を癒し、ネガティブなエネルギーを取り払ってくれる効果を持つと言われております。
ペリドットの数珠の写真
女性用数珠 最高級ペリドット 7mm玉 共仕立て 限定品

英語名 : Jadeite (ジェダイド/ジェイド)
硬度 : 6.5~7.0
石言葉 : 健康
誕生石 : 5月の誕生石

ビルマ翡翠の数珠の素材写真ビルマ翡翠の数珠の写真
最高級ビルマ翡翠の数珠の素材写真最高級ビルマ翡翠の数珠の写真

翡翠には「硬玉」と「軟玉」とがあり、宝石の翡翠とされるものは、厳密には「硬玉」だけです。本来、翡翠は真っ白な石で、それらに緑色に発色する物質が混ざることから、
所々緑色のまだら模様が発生します。また、お数珠としても一般的なインド翡翠は「軟玉」の方に分類され、アベンチュリンと呼ばれる石英の別名です。
緑色の鉱物を含むことによって翡翠のようにグリーンに発色することからそう呼ばれています。
ビルマ翡翠の数珠の写真
女性用数珠 上質ビルマ翡翠 8mm玉 共仕立て 青磁・海松色房

英語名 : Moonstone (ムーンストーン)
硬度 : 6~6.5
石言葉 : 「恋の予感」「純粋な恋」
誕生石 : 6月の誕生石
ムーンストーンの数珠の素材写真
月長石とも呼ばれるムーンストーン。月長石は、表面を丸く研磨すると月の光りの様な乳白色の帯が見えることから、この名前がついたそうです。
6月の誕生石で、石言葉は「恋の予感」「純粋な恋」とされています。
またムーンストーンは相互の愛情を深めてくれると言われております。記念日などにプレゼントをしても喜ばれると思います。

ムーンストーンには邪気を祓う力があると言われています。また、穏やかな気持ちにさせストレスを和らげる効果もあるそうです。
ムーンストーンの数珠の写真
女性用数珠 ムーンストーン 7mm玉 共仕立て ミント房

英語名 : lapislazuli(ラピスラズリ)
日本名 : 瑠璃石
硬度 : 5~5.5
石言葉 : 幸運・繁栄・健康
色 : 凛々しく知的な青色は、精神状態だけではなく実際に体温を下げて、落ち着かせるそうです
風水   :風水では、青色は希望や成長、仕事運や才能運を高めると云われます。
誕生石 : 9月の誕生石
ラピスラズリの数珠の素材写真
ラピスラズリはウルトラマリン顔料の原料になることからも、海のような青色が特徴となっております。ラピスラズリは、水晶と並んで、現在最も古く、かつ強力なパワーストーンとされている天然石です。世界各国で、邪気を祓う「聖なる石」とされています。

シュメール文明やメソポタミア文明、また、古代エジプトのファラオが身につけていたことから、昔から重宝されていたようです。ツタンカーメンの黄金の柩にもこの石が使われていたと云われていて、大変な歴史のある天然石です。仏教の世界においても七宝のひとつに数えられ、日本でも水晶と並んで幸福の石とされてきました。
ラピスラズリの数珠の写真
男性用数珠 アフガニスタン産 特上ラピスラズリ みかん玉 共仕立て 紐房

英語名 : Labradorite (ラブラドライト)
硬度 : 6~6.5
石言葉 : 「直感力」「洞察力」「創造力」
ラブラドライトの数珠の素材写真

ラブラドライトはフェルドスパーと呼ばれる長石の仲間で、斜長石の一種です。
18世紀後半ごろ、カナダのラブラドル半島で発見されたといわれており、ラブラドライトという名前はこの発見地にちなんで付けられたと言われております。
光の加減や見る角度によって青、緑、金など様々な色を見ることができます。その独特な輝きは蝶の羽のように美しく、ラブラドレッセンス(ラブラドルの光)と呼ばれるそうです。

また、フィンランドのユレマ地方で産出されるラブラドライトは、地色が黒に近いほど濃く、特にラブラドレッセンスが強く鮮明に見えるため、スペクトル(虹色)にちなんで「スペクトロライト」という名前で呼ばれています。ラブラドライトの輝きは同じ輝きのものがないので、コレクターが多い石として知られているみたいです。

ラブラドライトのブレスレットの写真
ラブラドライト 6mm玉 ブレスレット 共仕立て 限定品

英語名 : Larimar (ラリマー)
硬度 : 4.5 ~ 5
ラリマーの数珠の素材写真
ラリマーはドミニカ南部のバオルコ鉱山でしか産出されない為、
希少性の高い石になります。ラリマー の名称はドミニカ人ミゲル氏が自分の娘の名前「ラリッサ」とスペイン語で海を意味する「マール」を組み合わせた造語で、
名付けられています。鉱物的にはブルー・ペクトライトと言います。
ラリマーは世界三大ヒーリングストーンの1つとされ、ヒーリングストーンとしては非常に有名です。
このカリブ海を思わせるラリマーは産出量が年々、減ってきており、価格も高騰してきております。鉱山でもほとんど掘りつくされてしまったため、入手が難しくなってきております。
ラリマーのブレスレットの写真
ラリマー 9mm玉 ブレスレット ストレート 限定品

関連記事一覧